イメージという名付け

架空の記憶になぜ惹かれるのか。架空の記憶の堆積そのものよりも、 何かをアブダクションしようとしてしまう状況におそらく関心がある。人はアブダクションやアナロジーをせずにはいられない。そのせずにいられなさを、不安 定とともにイメージをもって名付けたい。概念=言葉の手前にイメージは名前となり得るか。