スタンプして歩く

非人情から人情まで、捨て子から持続まで、漱石を一通り読みつつ身近に縁付いた索引。それらが、なじみの索引とともに周囲をひきこみ次々継ぎ合う。架空の記憶はその都度似たものにはにかみつつ、強引にスタンプして歩く。その刻印はスタンプとともに新たな索引となる。